電話占いのキーとなる占い師の在籍数で比較をする

続いて比較していく「お手軽さ」は、占い師の在籍数に関して。

「お手軽に利用できる」とするためには、相応の占い師の人数が必要となってきます。 そして、電話占いを経営していく側としたら、目玉となる部分のため、必然的に力が入ってきます。 この辺りも、踏まえて比較をしていくとよいということですね。

では、以下よりもう少し掘り下げた内容を記載していきたいと思います。

■占い師の在籍数が比較対象となるわけは?

繰り返しになりますが、電話占いで大切なことは「お手軽さ」です。

前回の記事でも少し触れましたが「さて、電話占いをしよう」と思い立ったときに、肝心の占い師が待機していなかったらどうしますか? 中には、テンションが下がってしまい辞めてしまう場合もあるかと。

また、このような突発的な占いでなく予約をする場合も同様のことが言えます。 在籍数があまりにも少なすぎて、常に占い師の予約が一杯で占ってもらうことができないという状況ですね。

あまりにも酷いと、もうそこの電話占いサイトで占って貰おうという気すらなくなってしまうでしょう。

と、このようなことから、占い師の在籍数で比較するのも1つの手と言えます。

ロバミミの占い師在籍数は?

例によって、ロバミミの紹介となります。

ロバミミの占い師の在籍数は、正直なところ「多いとはいえません」。 しかし、少ないわけではなく、普通といったところでしょうか。

ただし、24時間とまでは言いませんが、大抵の時間を「占い師の誰かが待機してくれている」という状況なので、お手軽に利用できるという意味では素晴らしいと言えます。